カナガンやモグニャン・ねこはぐといったおすすめの主要キャットフードに関する口コミまとめサイトです。国産もアリ。

ねこはぐキャットフードの適切な給餌量と対象年齢|肥満猫は食べられない?

ねこはぐキャットフードと猫の画像

ねこはぐキャットフード

  • 国産キャットフード人気№1
  • 使ってみたい国産キャットフード人気№1

に選ばれたほど、今最も注目を集めている純国産のキャットフードなんですね。

そんなねこはぐキャットフードの「適切な給餌量」ってご存知でしたか?

 

どんなに高品質で栄養価の高いキャットフードだとしても、与える量を間違っていたら愛猫の健康を損ねてしまう可能性があります。

なので今回の記事では愛猫の健康のため、適切な給餌量(給与量)のお話をしたいと思います。

(ねこはぐキャットフードはカロリーが高くて肥満猫は食べられない?は記事後半でご紹介します)

ねこはぐキャットフードの適切な給餌量と対象年齢

まず給餌量のご説明の前に、ねこはぐキャットフードの対象年齢からお話ししましょう。

ねこはぐキャットフードの公式サイトを確信して頂くと分かりますが、ねこはぐキャットフードはオールステージ対応です。

つまり子猫からシニア猫まで幅広く与える事が出来る全年齢対応なんですね。

大切な家族の一員である愛猫が食べるご飯ですから、対象年齢なども気になる事の一つですよね^^

 

ねこはぐキャットフードの適切な給餌量

続いてはねこはぐキャットフードの適切な給餌量についてです。

実はねこはぐキャットフードの給餌量は公式サイトやねこはぐキャットフードの袋に記載されています。

↓しかしよく見てみるとそこには子猫と成猫の給餌量だけで、シニア猫の給餌量の記載がありません(汗)

公式サイト給餌量の画像

全年齢対応で老猫にも与えられるなら、是非シニア猫の給餌量も記載して欲しいですよね^^;

きっとシニア猫を飼っていて「ねこはぐキャットフードの老猫に与える適切な給餌量が知りたい」といった方もいらっしゃると思います。

↓なのでねこはぐキャットフードを老猫に与える際の適切な給餌量を表にまとめて見ました。(子猫や成猫の給餌量は上記の通りなので割愛します)

体重(kg) 給餌量(g)
2kg 25g~35g
3kg 34g~45g
4kg 41g~55g
5kg 48g~64g
6kg 54g~72g
7kg 60g~80g
シニア猫の給餌量は、一般的に成猫のおおよそ80%だと言われています。

飼っていらっしゃる愛猫が老猫の場合はこちらの表を参考に与えてみて下さい。

 

ねこはぐキャットフードの対応猫種

キャットフードは年齢や体重以外にも、病気だった場合等を考慮して体調別にも分かれていたりします。

そして知らない方もいらっしゃるかもしれませんが、実は猫の種類別にも分かれている事があるんですね。

猫はもともと、砂漠地方の出身だと言われています。

砂漠の猫の画像

ですが猫が人に飼われるようになって数千年。

 

世界に散らばった猫たちは、現地ならではの食べ物を食べて生きてきました。

 

その間、人間による品種改良も経験して現在に至ります。

話が逸れてしまいましたが、これでキャットフードが猫の種類別に分かれている場合があるのもうなずけますよね。

ではねこはぐキャットフードはどうなのかというと

全猫種対応となっています。

つまり世界中のどんな猫でも安心して食べる事が可能なんですね^^

ねこはぐキャットフードの公式サイトの画像

 

 

 

ねこはぐキャットフードはカロリーが高くて肥満猫は食べられない?

ねこはぐキャットフードはオールステージ向け猫用総合栄養食といった名称がつけられています。

つまりねこはぐキャットフード1つあれば、愛猫の栄養は十分だという事になるんですね。

そう考えると「ひょっとしてカロリーが高いんじゃ・・・」なんて思ってしまうかもしれません。

 

↓なのでねこはぐキャットフードのカロリーを見てみましょう。

ねこはぐキャットフードのカロリー表記の画像

ご覧のように100g当たり383kcalとなっていました。

 

これは一般的なキャットフードの400kcal前後とほとんど一緒です。

 

つまり、ねこはぐキャットフードがその他のキャットフードよりもカロリーが高いという事はありません。

しかし、ここで1つの疑問が出てくると思います。

それは「すでに肥満猫と化してしまっている愛猫に与える場合はどうすればいいのか」です。

もうすでに太ってしまった愛猫に適切な給餌量を与えていても、ダイエット成功への道のりは果てしないでしょう。

 

ではどうすればいいのかと言うと、ダイエットに合った給餌量を与える事です。

実は肥満猫の給餌量は成猫の給餌量から10%引いた量だと言われているんですね。

↓なのでねこはぐキャットフードの適切な給餌量から10%引いた給餌量をまとめました。(肥満のシニア猫の給餌量も併せてご覧下さい)

体重(kg) 肥満の成猫の給餌量 肥満の老猫の給餌量
2kg 28g~38g 22g~31g
3kg 37g~49g 30g~40g
4kg 45g~60g 37g~50g
5kg 52g~70g 43g~58g
6kg 59g~79g 49g~65g
7kg 65g~87g 54g~72g

以上の給餌量を参考に愛猫の健康を守っていきましょう^^

ただし猫は体重や年齢以外にも

  • 代謝量
  • 活動量
  • 住環境

によっても必要エネルギーが変わってきます。

なので最初は表の下限から与えていき、愛猫の体重の推移を小まめにチェックして給餌量をその都度調節してあげて下さい。

 

ねこはぐキャットフードの適切な給餌量と対象年齢まとめ

ねこはぐキャットフードはオールステージ向け猫用総合栄養食として絶大な人気を誇っています。

またその品質の高さから、芸能人がSNSで話題にあげていたり各種メディアに掲載されたりしているんですね。

 

ですが如何に高品質なキャットフードであろうとも、与え方を間違っていては意味がありません。

もし愛猫に与えていた給餌量が間違ってたのなら、今回の記事でご紹介した給餌量を与えて愛猫の健康を守ってあげて下さい。

ねこはぐキャットフードの商品画像

 

 

 

 

 

 

 

 

カナガンキャットフードの口コミ
カナガンキャットフードの口コミ
ジャガーキャットフードの口コミ
ジャガーキャットフードの口コミ
モグニャンキャットフードの口コミ
モグニャンキャットフードの口コミ
シンプリーキャットフードの口コミ
シンプリーキャットフードの口コミ